車売るならどこがよい?車を少しでも高く売る方法とは

車売るならどこがよい?車を少しでも高く売る方法とは

車を少しでも高く売る方法

古くなった車や、要らなくなった車は中古車査定業者に連絡をして売却をしましょう。
車を高く売却するためのポイントはいくつかあるので、チェックしておきましょう。

 

一番重要なポイントは走行距離で、走っている距離によって劣化具合を判断して、値段も大きく変わってきます。
一つの目安となっているのが10万キロなので、10万キロを超えそうになったら売却を意識しましょう。

 

使えるオプション品は取り外して、新しい車に付けたいと考える人は多いのですが、オプション品の有無によって大きく値段が変わってきます。
メンテナンスをきちんと行っていたどうかも大切なポイントで、定期的に見て修理を行っている車だと査定も高くなります。

 

意外と見落としがちなのが車を綺麗に使っているかで、汚れや臭いがあるだけでも査定価格が変わってきます。
中古車査定を頼む前に、車の中を綺麗に掃除しているだけでも変わってくるので、面倒と感じていても綺麗に掃除をしておきましょう。

 

オプション品があると高く車売ることができる

 

オプション品

自動車を売却する際は、査定をすることになります。
ディーラーで査定をしたり、買取業者で査定をする場合があります。

 

査定の時には様々な項目をチェックしていきますが、その中にオプションの項目があります。
自動車にどれ程のオプションが装着されているかによって、査定額が変動するのです。オプションの代表ともいえるサンルーフを装着した自動車は、特に査定額が上がる傾向にあります。

 

それ以外のオプションについても、しっかりと査定額に上乗せしてもらうことが可能です。
オプションを装着する際には相応の費用が発生している訳ですから、買取時の査定においても相応の価格で査定をしてもらうことができるのです。
このようにして査定額はアップしていきます。

 

走行距離が少ないほど高く車売ることができる

 

走行距離が少ない

自動車を売却する際は、最初に査定が行われます。
査定を行うのはディーラーであったり、買取業者であったりします。
査定時は自動車の様々な項目についてチェックしていきます。

 

その中で重視されるのが、走行距離です。
走行距離が少ない自動車ですと、それだけエンジンを酷使していないという判断になります。

 

また、その他のあらゆる消耗部品、例えばブレーキであったりタイヤであったり、高価な部品になりますとサスペンションのショックアブソーバーであったりと、それらの部品の消耗が少なく、良好な状態と判断されます。
内装に関しても使用感が少ないと判断されますので、査定額に影響してきます。

 

このように、走行距離が少ない自動車ですと、エンジンの状態が良く、自動車のあらゆる消耗部品の劣化がそれほど酷くなく、かつ、内装を含めて使用感が少ないものとして査定されますので、査定額をアップさせることが可能なのです。
ですから、走行距離が少ない自動車の方が査定には有利と言えるでしょう。

 

メンテナンスをしっかりしておくことで高く車売ることができる

 

車買取の査定額は、日頃のメンテナンスも影響します。
しっかりとメンテナンスを欠かさなければ、高額買取も期待できるでしょう。

 

洗車は日ごろのメンテナンスの基本です

 

洗車は基本

車のメンテナンスの基本は、洗車です。
定期的に洗車をしておけば、汚れや埃、水垢のついていない状態を保てますし、各種部品の寿命も延びます。

 

また、洗車と同じく基本と言えるのが、ワックスがけです。
ワックスがけは、ボディを綺麗に見せるために行うものと思うかもしれません。
しかし、ワックスにはキズからボディの塗装面を守る効果もあります。
定期的に洗車をしてワックスもかけておけば、細かなキズもつきにくくなるので、査定額もアップするでしょう。

 

キズ・ヘコミのメンテナンス

 

キズ・ヘコミのメンテ

キズやヘコミについては、その都度修理をするのがベスト。
小さなキズやヘコミでも放置してしまえば、サビが発生する原因となり、塗装面に悪影響が出てしまいます。
迅速に修理できないなら自力でペイントしたり、細かなキズならコンパウンドで磨くと良いでしょう。
ボディだけでなく内装も、車査定では影響を及ぼします。

 

室内清掃も大切なメンテナンスポイントです

 

室内清掃

室内の掃除もボディの洗車やワックスがけと同じく、定期的に行うようにしましょう。
掃除を怠ると食べこぼしからダニが発生したり、汚れが染みついてしまいます。

 

また、室内は見た目だけでなく、臭いも重要なポイントです。
タバコやペットの臭いが染みついているとマイナスなので、運転したときは窓を開けて換気をしたり、掃除をしたついでに消臭スプレーを使うなどして、臭いが染みつかないようにして下さい。

 

定期的なオイル交換を

 

オイル交換

車のメンテナンスは、洗車やワックスがけ、室内の掃除だけではありません。
エンジンオイルやバッテリーなども、定期的に交換するようにしましょう。
エンジンオイルの交換をしないと、様々なトラブルが起きてしまいます。

 

しかし、基本的なメンテナンスを欠かさず行っておくと、余計なトラブルは避けることが可能です。
トラブルが起きなければ、それだけ車の寿命が延びるので、高額な査定額に繋げることができます。

 

車の整備記録簿の記入も車査定の評価ポイント

 

オイル交換

また、査定時に買取業者のスタッフにアピールするために、整備記録簿をつけることも大切です。
面倒でも整備記録簿をつけていれば、日頃からと手入れをして乗っていたことを証明できます。
バッテリーの交換など、各種整備記録をしっかりとつけておくと、アピールポイントになるでしょう。

 

ボディや内装、車の各部の状態が良ければ、多少走行距離が多くても、査定額は高くなります。
車を手放すときに高額な査定額を期待するなら、大切に扱うようにしましょう。

 

 

車内を消臭しておくと高く車売ることができる

 

車内の消臭

 

車内の臭い原因としてタバコの臭いやペットの臭いがあります。
車内が臭うと査定額も低くなってしまうので査定額をアップさせるためにも前もって車内消臭は徹底的に行いたいものです。

 

車内消臭を行ってくれる業者もあるのですが、やはりプロの方にお願いすることになるので金額もかかってしまいます。
自分でできる車の消臭対策はどのようなものがあるのでしょうか。

 

自分で出来る車の消臭対策

 

自分で出来る消臭

まずは業務用の消臭剤ミラクリーンRです。
家庭用ですと時間が経つと車内に臭いが戻ってしまいますがミラクリーンRは、消臭成分が留まりミラクルイオンの働きで車内を消臭しつづけます。
車のエアコンから出るタバコの臭い、シートにしみこんでいる汗の臭い、ペットの臭い、カビの臭いに効果があり、1か月に1回スプレーするだけという簡単のものです。

 

次にカーメイト 車内のニオイ用スチーム強力消臭です。
小型車用からミニバンクラスのもので大きさが異なります。

 

除菌と消臭成分が配合されたスチームを車内に充満させることによって、シートや布製品の奥深くに潜んでいる臭いの原因になる菌に直接アタックしてくれます。
また病院やレストランでも雑菌に使用している安定化二酸化炭素が使われているので、安心、安全です。
また優れた消臭作用がある銀イオンが配合されています。

 

使い方ですが、まず飲食物やティッシュを下ろします。
人やペットを乗せて使用することはできません。
次に窓をきっちりしめます。

 

エアコンを説明書に書いてある通りに設定し、5分間アイドリングします。
消臭スチームを助手席の足元中央の部分に置きます。
赤い部分に点線があるので切り取ります。
真ん中の出ているところをへこませます。
するとスチームが拡散されます。
この状態で10分間アイドリングをします。
終わったらエンジン、エアコン共に切らないでドアを全開にして換気をしたら完了です。

 

内装・外装をきれいにしておくと高く車売ることができる

 

内装・外装をきれいに

 

車売るときには内装と外装を綺麗にしておくことによって、査定額がアップする可能性が出てきます。
車の価値として考えた場合には、簡単に落ちる程度の汚れであればそのままにしていても金額に大きな影響を与えるというものではありません。

 

一般人が簡単に綺麗にすることができるレベルであれば、プロはもっと簡単にきれいにできるわけですから、理屈としては汚いまま査定に出しても、取れない汚れというわけでは無ければ査定額が下がったとしても手間賃の数千円というところです。
ところが実際には査定をするのが人間である以上は、汚い車よりもきれいな車のほうがいい印象を受けますし、評価も高くなりやすいものです。

 

車を綺麗にしておく

きれいにしておいたことによって、車全体の印象が良くなって僅かな手間を掛けたことによって、金額が数万円もアップするなんてことがありますから、査定の前には車をきれいにしておく価値は十分にあります。

 

内装は髪の毛やホコリなどのゴミが落ちていたら掃除機や粘着テープなどできれいに取り除いておき、シミが付いていた場合にはできる範囲で拭ってきれいにしておくと良いでしょう。
汚れだけでなく臭いもきれいにしておくと査定額アップに繋がるので、消臭も忘れてはならないポイントになります。

 

汚れというのは所有者でも一目見てわかりますが、臭いは使っている本人は慣れていて気づかないということもあるので、消臭もしっかりしておきたいところです。
消臭剤を設置する、消臭スプレーを吹きかける、天気のいい日に換気をしながら日光を当てると言った方法で車内の臭いを消臭することができます。
ただし、芳香剤を使って臭いを誤魔化すというやり方は人によっては不快に感じることがあり、結果として金額が下がってしまう要因になるので、あくまでも臭いを消すということを第一に考えることが大切です。

 

次に外装ですが洗車をしてワックスがけまでしてピカピカにしておけば、印象はかなり良くなりますから手間を惜しまない人はここまでするのがベストです。
ワックスがけをするところまでしなくても、最低限洗車機に入れて汚れを落としておく必要があります。

 

そこまで汚れていないというのであれば、内装ほど神経質になる必要はありませんが、きれいにしておけば丁寧に扱われている車という印象をあたえることができますから、査定には有利に働くので手間を惜しまずきれいにしておくことが、査定額のアップに繋がるので覚えておきましょう。

 

 

車売るならどこがよい?≪TOPページに戻る≫