車売るならどこがよい?車下取りと車買取の違いについて

車下取りと車買取の違いについて

車下取りと車買取の違い

車買取りと車下取りの違いを簡単に表現すると、「市場価値をそのまま価格に換算するか、それとも温情を受けながら価格に換算するか」となります。
といっても、どちらかの方法のみが一方的に良い結果になるわけではなく、「状況に応じて適切な方法を選択すること」がとても大切です。

 

「買い取り」の魅力は、市場価値が高く状態も良い車は高く売れる点です。
要は、人気車種は高い相場を誇っていて、その相場をしっかりと反映させるための状態を維持できている車ならば、新車価格の8割程度で買い取ってもらえる可能性もあります。
ただし、市場価値が低い車や状態が悪い車に関しては、極端に価格が低くなってしまう可能性があります。

 

「下取り」の魅力は、市場価値が低い状態でも独自基準によってある程度の価格になる可能性がある点です。
買取りの場合は市場価格、要は「ユーザーの意思」が価格に反映されるのですが、下取りの場合は「メーカーならびに業者の意思」が色濃く反映されます。
そのため、市場ではそれほど人気がない車種だとしても、下取りの場合はそれなりの価格で売れる可能性があります。

 

状態が悪い車は下取り、または「廃車専門買い取り」などを活用すると高く売れるということも覚えておくと、車売買で損をしづらくなります。

 

 

車買取のほうが高く売る事ができる理由

 

車買取のほうが高く売る事ができる理由

 

車を新しく購入する場合、使っていた車を売る人が多いですが、車を売るときに下取りと買取の選択で悩む人は少なくありません。
下取りとは、ディーラーに現在乗っている車を売り、新しく購入する車の購入資金にあてる方法です。
この方法は、昔からよく利用されていた方法で、現在でも多くのユーザーが下取りに出しているのです。

 

一方、車買取とは、車の買取専門店に車を売却することです。
車は、買取の方が高く売ることができます。

 

中古車の買取専門店は、買取った車をオークションなどに流して利益を確定させます。
車種や走行距離、年式など車のデータから査定額が決定されます。在庫の心配がなく、維持費もかからないため、高値で買取ることが可能なのです。

 

ディーラーの場合は、買取った車を自社で販売します。
販売する場合、修理の費用やや点検費用、維持費などのコストがかかるので、その分安い査定額になってしまうのです。

 

最近は、需要が多いために中古車の買取専門店が増えています。
買取専門店では、無料で見積もりを出してくれるので、複数の買取専門店で見積もりを出してもらい、最も高値で買取ってくれる買取専門店に売るケースが多いです。
大手の買取専門店は、サービスも良いので人気があります。

 

 

車下取りのメリットとデメリット

 

車下取りのメリットとデメリット

 

車の買い替えをする時は新しく車を買う所から、下取りを勧められる事があります。
下取りは複雑な手続きをしなくてもできるため、車の売買に詳しくない方に向いている方法です。
ただ車下取りにはメリットとデメリットがあるので、その特徴を知っておくことは大事です。

 

車下取りのメリットとしてあるのは、車を買い換える時の条件をよくできることです。
この場合は新しく車を買うお店で下取りを頼むことになりますが、次に買う車の値段を安くしやすいです。

 

デメリットとしてあるのは普通に車を売るよりも、下取りのほうが買取価格が低くなることです。
車の買取業者に売る場合は適正な価格で、自分の持っている車を売ることができます。
それに対して下取りは使わなくなった車を、処分をする形になるためかなり安くなります。

 

車下取りをするメリットは、車の買い替えをする業者に依頼することによって信頼を得られる点です。
信頼が得られれば普通ではできない値引きでも、新しく買う車に対して頼めます。

 

デメリットは下取りは普通に売るよりも安くなるため、もらえる金額が少なくなることです。
車下取りにはメリットとデメリットがありますが、よく理解して対応できれば上手く行きます。

 

 

車買取のメリットとデメリット

 

車買取のメリットとデメリット

 

車買取のメリットは、下取りよりも高額で売却できることです。
買取業者によって査定額には差があるので、比較してから決めれば予想以上の価格で愛車を手放せます。

 

また、車買取では出張査定に対応しているので、車を運転して持ち込む必要はありません。
自宅までスタッフが出張して査定をしてくれるので、手間が省けるのもメリットでしょう。

 

さらに車買取の価格は、ネットで簡単に調べることが可能です。
ですから、本格的に車を手放す手続きを始める前に、ある程度の売却価格を知ることができます。

 

メリットのある車買取ですが、買い替えの場合はデメリットも少なくありません。

 

古い車を車買取してディーラーで新車を買う場合、売却と購入の手続きを別々にする必要があります。
ディーラーで下取りして新車を購入する場合に比べると、手間が増えるデメリットを感じるでしょう。

 

また、納車の前に車を売却してしまうと、その間車を使えなくなります。
通勤や普段の生活で車が必要な方には、気をつけておきたいデメリットです。

 

さらに車買取業者のなかには、しつこく勧誘をしたり強引に買取を迫る悪質業者もいます。
安全性の面で不安が大きいのも、車買取のデメリットです。

 

しかし、デメリットに気をつけておけば、メリットの大きい売却方法と言えます。

 

 

車下取と買取相場の違いと交渉で価格アップさせる方法

 

交渉で価格アップさせる方法

 

車の下取りを依頼する時は安い料金になりやすいですが、実は価格をアップできる方法があります。

 

車下取り相場は一般的な車買取相場に比べて安く、その違いを知っていれば交渉しやすくなります。
相場について知りたい時は車買取業者に依頼して、自分の車の価値を調べてもらうといいです。

 

車買取業者は無料で車の価値を調べてくれますから、そうやって価格がわかれば取引材料にできます。
買取業者の査定を受ける時は複数の業者の査定を受けると、どの程度の市場価値があるのかがわかります。

 

自分の持っている車の市場価値は、複数の車買取業者の査定額の平均が市場価値になります。
その価値を知っていれば車の下取りを出す時に、他者に売るとこのくらいになると交渉できます。

 

下取りをする業者は車を安く買いたいので、他の業者に売られては困ります。
そのため車買取業者の相場を使って交渉すれば、車下取りの価格をアップすることは十分可能です。

 

車下取り相場はかなり安い価格になるため、そのまま売ると大きな損になります。
車は下取り以外でも売ることができますから、そういう所の買取金額を知っていれば有利に交渉できます。

 

下取りで車を売るのは大きな損になりやすいので、よく考えてから対応した方がいいです。

 

 

車売るならどこがよい?≪TOPページに戻る≫