車売るならどこがよい?下取りと買取ではどっちが高く売ることができるのか

車売るならどこがよい?下取りと買取ではどっちが高く売ることができるのか

車下取りと車買取ではどっちが高く売ることができる

今乗っている車を売ろうとする場合、下取りと買取のどちらが有利なのでしょうか?
まず基本的な事を整理しておきましょう。

 

車買取と下取りは似ているようでも違うんです

 

車買取と下取りは似ている?

「下取り」というのは、新しい車を買ったお店で、それまで乗っていた車の買取価格を新しい車の販売価格から差し引く事です。
「買取」というのは車の販売とは無関係に、今持っている車を査定して買い取ってもらう事です。

 

前者は主に新車ディーラーとなり、後者は買い取り専門店であるケースがほとんどです。

 

両者ともに中古車を査定して価格を提示し、納得すれば契約するという行為であり、その意味でほとんど差はありません。
それでは実際には何が違うのでしょうか?

 

車下取りはきちんとした査定額は出ないんです

 

車下取りはきちんとした査定額は出ない

まず新車ディーラーの場合、完全に分業制なので下取りした車は同系列の中古車部門に回されます。
なので実際にユーザーと商談し、新車を販売するセールスマンにはその車はほとんど関係ありません。
そして金額は会社の査定部門から出てくる数字をただ伝えるだけなので、特に根拠などを提示してくれるわけではありません。

 

そしてこれは推測ですが、ほとんどの方は面倒さと新車ディーラーへの信頼から、この金額をほぼ鵜呑みにして契約しているのではないでしょうか?

 

車買取ならしっかりと査定してくれます

 

一方買い取り専門ではよりシビアに、現在同じ車種・同じグレード・同じ外装色・同等の装備・走行距離・外装状態の車がどれくらいの相場で取引されているのかを徹底的に調べます。
そのうえで、査定の訓練をしっかり受けたスタッフが傷や修理の状況をチェックします。

 

修復歴の判定でも下取りと買取の差が

修復歴の判定

そして修復歴(いわゆる事故歴)の有無を判定するのですが、新車ディーラーの場合は査定の訓練を受けているわけではないので、自社での修理以外の履歴がほとんどわからないのが現状です。

 

ここで何が起こるかというと、新車ディーラーの場合にはチェックの甘さを金額の低さでカバーしようとします。
これは考えてみれば当然で、修復歴があるのかないのか判断できない場合、修復歴ありの金額で買おうとするのはある意味合理的なのです。反対に買取店の場合は修復歴の判定に自信があるため、修復歴のないものは高く買うことができるのです。

 

車下取りでは時間的余裕も見て査定額を下げている

 

車下取りでは時間的余裕も見て

また、新車ディーラーの場合はどうしても新車の納期の関係で契約〜納車まで数カ月かかることがあります。
そうなると必然的に下取り車の入庫も数カ月遅れることになり、その時点での相場状況を余裕をもって見ておく必要性が生じます。

 

基本的には中古車の相場は基本的には緩やかに下がり続けるものですが、ある時点で急落することもしばしばあります。
そこまでのリスクを加味した場合、結果として下取りの金額はどうしても安くせざるを得ないのです。

 

車買取はすぐに処理できるため、その分リスクをとることができ高額査定に

 

車買取はすぐに処理できる

車買取専門店の場合、入庫が契約の数カ月先、といった契約はまずしません。
リスクがあまりにも大きい事を理解しているからです。

 

中古車相場は場合によっては一、二週間で大きく変わる事が珍しくありません。
だからこそ今この時の相場を徹底的に調べて、それをもとにユーザーと交渉するのです。
そこで、すぐに車が手に入らなければすべてが絵に描いた餅となってしまうので、ほとんどすべての買い取り専門店では代車の貸し出しサービスを無料で行っていますので、安心してよいでしょう。

 

車買取なら複数査定もできてより有利に

 

車買取なら複数査定も

そしてさらに、交渉という観点から見ても、新車ディーラーでは一方的に金額を提示されてそれ以上高所の余地はありませんが、WEBでの一括見積などを使えば複数の買い取り専門店に同時に査定を依頼することができます。
そして最も条件の良い企業と、さらに金額交渉をすることも可能なので、値切るのが好き・交渉上手な方にはぜひこのサービスを活用していただきたいです。

 

また、自宅へ出張で車を見にきてくれるのも買い取り専門店ならではのサービスです。
「近所の人に見られたくない…」という方も多いですが、別の場所であったり画像での概算価格であったり、基本的に柔軟な対応ができるのは圧倒的に買い取り専門店に分があると言えます。

 

それでも車下取りが選ばれる理由とは

それでも車下取りが選ばれる

 

ここまでで両者がどう違うのかがわかったと思いますが、それでは下取りのメリットとは何でしょうか?
第一は新車ディーラーの安心感でしょう。
買取専門店も大規模に店舗展開をしている会社もありますが、やはり規模の面では新車ディーラーに遠く及びません。
規模の大きさ、社会的な知名度の高さは非常に大きなアドバンテージとなっており、これが現在も価格の差に関わらず買い取り専門がシェアで劣っている原因であると考えられます。

 

しかしながら、近年では消費者保護の観点から、JPUC(日本自動車購入協会)等の業界団体も発足しており、買い取り専門店へのかつての暗いイメージも変わりつつあります。
特にフランチャイズ展開している買い取り専門店であれば契約したお店と万が一トラブルになっても、フランチャイズ本部へ相談すればしっかりと対応してくれます。

 

いかがでしょうか?両者のメリット・デメリットをよく考え、大切な車を少しでも高く売れるよう、お店選びをしましょう!

 

 

車売るならどこがよい?≪TOPページに戻る≫