車売るならどこがよい?中古車査定額はどのように決まるのか

車売るならどこがよい?中古車査定額はどのように決まるのか

中古車査定額はどのように決まるのか

中古車査定額は基本的には車種とグレードと走行距離で決まると言われています。
車種の中には年式も当然含まれるため、年式もその査定価格に大きな影響を及ぼすことになります。

 

中古車の査定を行う場合には、これらの条件を基準に決められた査定の基準額と言うものがあり、これを基準にして実際の車の状態や傷の有無、塗装の状態等を勘案して最終的な査定額を決
めることになります。

 

中古車査定額の基準はカーオークション相場

 

カーオークション相場

 

中古車査定額の主な基準は、中古車のオークションによるものと言われています。
中古車の流通においては古くからオークションは重要な位置づけを持っており、オークションに置いて買い取られる金額が基準になって買取業者がその買取価格を決めているのが一般的です。

 

買取業者は買い取ったクルマをオークションにおいてできるだけ高い金額で売却し、買い取った金額との差額を利益として得ることから、できるだけ安い価格で買い取り高い値段で売ろうとするのが一般的です。
しかし実際には世の中にはたくさんの買取業者がおりそれぞれが同じように高い利益を得ようとしていることから、売る側にとってみればより高い値段で売りたいと言う心理も働くため、結果として相応の値段で購入しオークションで販売すると言う形になるのです。

 

オークションには同じ形の車種も多数出品されるため、その中で状態の良し悪しで差がつく部分はあるにしても同じ形の車種についてはほぼ同じ値段で取引されることが多く、結果としてこの取引価格が中古車の査定額の基準となってしまうのです。
そのため中古車査定においては、第一に車種と年式、次に走行距離やグレードといった要素が大きく影響することになります。

 

自社で車販売できる業者は買取額が高い傾向

 

自社で車販売

 

しかし最近ではオークションを通さずに自社で販売すると言う中古車買取店も非常に増えています。
この場合には中間マージンを取られない分高い値段で買取ができることや、自社で販売するために自社の中での人気車種を高額で販売することができ、その査定の基準となる条件に応じて買取価格が違ってくるところにポイントがあります。

 

そのため地域や店舗の取り扱い車種によってもその基準が大きく変わり、特定の車種を高く買い取ると言う業者や、特定のグレードのみを高く買い取るといった業者も出現しています。

 

従来はこれらの業者は非常に貴重で、中古車家計の相場には大きな影響を与えないことが多かったのですが、近年では業者の数も増え取り扱う車の台数も多くなってきたことからその買取価格の相場が業界全体に大きな影響を及ぼすようになり、 結果として中古車全体の相場に大きな影響を与えるようになっているのです。

 

そのため現在においては、中古車価格は相場と言うものはそれほど大きな影響を及ぼす事はなく、業者によってその査定額がまちまちでより高く売りたい場合には複数の業者に見積もりを依頼し最も高値で買い取ってくれる業者を選ぶことが重要になってくるのです。

 

車売る時期によっても査定額は変動します

 

車査定額の変動

 

中古車査定の相場はこのように様々な要素の影響受けて大きく変わるものです。
例えばある時期非常に人気がなく査定価格が非常に低い車種であっても、何かのきっかけで話題になりその査定額が非常に高くなる場合と言うのも実は少なくありません。

 

以前からこのような車種についてはその変動が激しく、ブームの前に売却した人とブームの最中に売却した人とでは大きな違いがあり、不公平感を感じてしまうと言う人も少なくないものです。
しかし中古車はその時々の相場を反映して価格が変動するものであるので、車種の年式やグレードのほかに、世の中における人気度と言うものも重要な要素になってくる側面があります。

 

これはその他のものと全く同じで、中古であっても人気の高いものはプレミアがつき非常に高額になることが多いものですし、逆に新しいものであっても人気がなければなかなかその値段は上がらないと言う実態もあるのです。

 

車の走行距離が短いほど高額で売ることができる傾向に

 

車の走行距離

 

自動車の場合には値付けがされる要素の中に耐用年数と言うものがあります。
中古車の場合は購入した人が自分で乗ることが大前提としてあるため、見た目だけでなくその性能についても査定の大きな要素となります。

 

基本的に走行距離が短いほど買取価格が高くなるのは一般的ですが、これは走行距離が短いほど耐久性が高くなると言う現象から発生しており、古い年式であっても走行距離が短いものはあまり使用されておらず非常に状態が良いと推測されることが多いものです。
実際には走行距離が短くてもその保管状況や管理状況においては耐久性が非常に見込めない車種もあり、これらの条件を十分に鑑みて査定を行うことが買い取る側側にとっては非常に重要な要素となります。

 

中古車査定を受けるためにはこのようにの状況に応じて買取金額が変化することを十分に承知した上で行うことが必要です。
相場についてはオークション等の条件においてその大枠は決定されているものであり、基本的にオークションに出すことを考えるような小さな業者についてはこの買取金額が基準になりますが、自社で販売を行うような大きな買取業者については、独自の基準に基づいて査定を行うことも多いため。できるだけ多くの業者に査定をしてもらうことが大切です。

 

 

車売るならどこがよい?≪TOPページに戻る≫