車売るならどこがよい?プロから学んだ正しい洗車法

車売るならどこがよい?プロから学んだ正しい洗車法

プロの洗車

愛車を買い替える際の買取や査定額を少しでもアップさせるには、普段から愛車をキレイな状態に保つことがポイントです。
愛車の査定額をアップさせる秘訣は日頃の洗車にあります。
洗車にもいろいろとありますが、機械式よりも手洗い洗車が一番良いです。

 

ただ洗車するだけでは、汚れを洗えても余計な傷がついたりして、悪くなることもあり得ます。
しかし、プロ直伝の洗車テクニックをマスターすれば、効率的に洗うことができ、キレイを保つことが出来ます。

 

まずプロ直伝の洗い方は、徹底的に流水で砂やホコリを洗い流すことです。

 

ボディに余計な汚れや泥がついたまま、スポンジで洗ってしまうと、泥汚れの中に混じっている砂利が原因で洗車傷がついてしまう可能性があります。
車を洗う際に最初のテクニックは上から下側に流水でしっかり余計な付着物や泥を洗いながすことが、プロ直伝のテクニックです。

 

スポンジで洗うときにもプロ直伝のコツがあります。

 

よく力をいれてゴシゴシ洗う人を見かけますが、スポンジで細かな傷がつく可能性があるのです。
車用のボディシャンプーである程度の汚れは分解されていますので、優しく撫でるよう洗うことで、ボディとスポンジの摩擦を減らすのがプロ直伝のテクニックです。

 

最後に大事なのは水分の拭き上げです。

 

水分がボディについてると、大陽の光が水滴にあたると水滴の中でレンズ現象がおき、ボディにダメージを与えたり、水分のカルキ質が白く残ってしまします。
プロ直伝のテクニックは、素早く水分を吸収できるマイクロファイバークロスを使用して、さっと撫でるように拭き上げることで、ここでもボディとクロスの摩擦を減らすことが重要です。

 

最後にコーティング剤で仕上げる

 

これで汚れの付きにくいボディを作り上げることが出来、車の査定額もアップにも期待が出来ます。

 

最近のコーティング剤は高性能なガラスコーティング剤が広まっているので、車のボディの保護性能も格段に上がっています。
プロ直伝の洗車テクニックをマスターし、愛車をキレイに保てば、査定額アップも間違いありません。

 

 

洗車するときの注意ポイント

 

洗車のポイント

 

自動車を買い替えたりする際の買取や下取りの査定額を少しでも高くするには、普段から愛車を出来る限りキレイな状態を保つことが重要です。
自動車ですから、走行中の塵や小石などで多少の傷がつくのは防ぎようがありませんし、車の乗り降りや駐車場でも傷がつくことも仕方の無いことです。

 

また、自損多損などぶつかったりするこでボディがへこむ事もありえます。
多少の傷は鈑金修理をすることで修復することが可能ですが、少しでも査定額を上げるポイントは普段から車のボディをキレイに保つことが買取や下取りの査定額を上げるこつです。

 

車のボディをキレイに保つには定期的な洗車が重要です。
洗車にもいろいろと方法があります。

 

洗車機で洗うのは手軽ですが

 

洗車機での洗車

 

今は仕事などで時間の余裕が無い人も増えてきていますが、時間が無い人にはガソリンスタンドなどにあるゲート式の自動車洗車機が効率的です。
ゲート式洗車機はメリットとして、車に乗ったまま車を洗うことができ、終了後にガソリンスタンドの拭き取りスペースですぐに吹き上げることが可能です。

 

最近は、水洗い、洗剤洗いはもちろん、ワックスやコーティング加工が同時に出来たり、洗いにくい車のボディの下回りやタイヤホイールを洗うことが出来るところもあります。
ただし、欠点として車を機械の力と専用のスポンジで洗うわけですから、車のボディに大きな汚れや泥や砂利など付着物がついている場合は車に更なる傷をつけてしまう可能性があることです。

 

また機械についているスポンジは前の車の汚れなどが付着したままの場合もあるので、そういった原因で汚れや傷を防ぎきれないのがデメリットです。
ただし、定期的に車を洗うことで車のボディ自体は汚れも少なくキレイな状態を保つことが可能ですし、ワックスやコーティング加工のコースを選ぶことで汚れの付きにくい状態を維持することが可能です。

 

やはり車は手洗いが一番良い

 

手洗い洗車

 

車を洗うことが好きな人や時間や車を洗うスペースに余裕がある人は、自身での手洗い洗車をお勧めします。
自分の手で洗うことの大きなメリットは、車のボディの異変や傷を直視して気づくことが出来る事です。

 

また車の洗い方にはコツがあります。
車を洗う際にはまず、水洗いで余分な汚れを泥などを洗う予洗いをすることで、傷がつくのを防ぐことが出来ます。
車のボディに余計な付着物がついたまま洗ってしまうと、ボディに傷がついてしまいますし、スポンジに泥や小石が詰まってしまい、それが更なる傷を生んでしまう可能性があります。

 

車を洗うときは、上から下にあらっていくのがポイントです。
ルーフと呼ばれる天井から左右側面、フロント部分を洗うのが良いです。
汚れの付着がまだ少ないのと、スポンジがまだキレイな状態を保っているので一番キレイな印象を与える車の顔であるフロント部分をあるのがポイントです。

 

その後泥や汚れの跳ね返りがあるリアや下回り付近を洗うなど、汚れや傷の目立ちにくいところを洗うのがコツです。

 

タイヤ・ホイール洗浄

 

また、タイヤやホイール周りには専用のタイヤブラシやホイール専用の洗剤を使用するのが良いです。
特にホイールには泥や汚れ以外にブレーキパッドの鉄粉などがこびりついていることがあり、車のボディ用洗剤では汚れが取り切れないことがあります。
ホイール専用の洗剤は、化学反応で鉄粉や油汚れを溶かす効果があり強力なのでボディに使用しないようにしましょう。

 

また最後にはワックスやコーティング剤で仕上げるのが、汚れの付着を防ぐ効果があるので必ず行ってください。
特にコーティング剤は水分がついていても使用できるガラスコーティングは素早く仕上がり、効果も長いので最もお勧めのコーティング剤です。

 

出来る限り手洗い洗車を行い、車のキレイな状態を保てば長く愛することもできますし、売却の際にも査定額がアップするなどメリットが沢山あります。

 

 

車売るならどこがよい?≪TOPページに戻る≫