車売るならどこがよい?事故車の定義が良くわからないので知りたい

車売るならどこがよい?事故車の定義が良くわからないので知りたい

事故車の定義

車売る時に査定額に大きな影響を受けてしまうのが事故車です。
事故車とは文字通り事故を起こしたことがある車のことですが、ちょっとぶつけたことがあるんだけど・・・という人は多いはずです。
となるとほとんどの人の愛車が査定に響いてしまうことになりますが、具体的に何を持って事故車とするのか基準が存在します。

 

 

車を売り買いする時の事故車の定義について

 

事故車とは

厳密にいうと事故車という言葉はなく、査定上では修復歴のある車と表現します。
つまり、事故を起こしていても修復をしていなければ事故車の基準には当てはまりません。
さらに言えば、車のある部位を修復した場合に限り修復歴ありと定義しています。

 

自動車査定協会によると、フレーム、クロスメンバー、インサイドパネル、ダッシュパネル、ルーフパネル、ピラー、フロア、トランクフロア、ラジエータコアサポートの9箇所のうち、いずれか一箇所でも交換や修復された場合に修繕歴ありの自動車としています。
逆を言えば、この個所以外を交換や修復していても修繕歴があるとは言いません。
これらフレーム(骨格)は大きな事故を起こさない限りはそうそう修理に出すことはないので、こすったり凹んだり程度の事故なら修復歴は残らないでしょう。

 

例えば、後ろからの追突でリアバンパーを交換したけどトランクへの影響はなかった、正面から衝突してバンパーやライトを交換したけどクロスメンバーやラジエータコアサポートには影響はなかったという場合なら修復歴ありにはなりません。
ただし、交換等の履歴は残るので査定にまったく影響がないとも言えません。

 

 

車査定時に気を付けること「瑕疵担保責任」について

 

瑕疵担保責任について

査定をする時、車買取業者は出来るだけ安く買いたいため、売り手の査定に対する知識を見て買取金額を提示してくることがあります。
修復の大きさによっては数十万円もの査定差が出てくるので、知識もなく買取業者の言いなりになるのは馬鹿らしい話しです。
中には査定員自体に知識がないケースもありますが、どのような状態のときに修復歴があるとするのかを理解しておくだけで査定交渉に役立つでしょう。

 

ちなみに、見た目だけでは修復歴ありかどうか判断できない中古車もあるため、査定員が判断しきれずに高い査定額をつけてくることもあります。
バレなければラッキーくらいに思ってしまいますが、瑕疵担保責任という制度があるので、修復歴を黙ったまま買取契約をすると後々トラブルになる可能性も否定はできません。

 

瑕疵担保責任とは、後になってから商品に欠陥が見つかり買い手が目的を達成できない場合、1年以内であれば損害賠償や契約解除ができるとした法律です。
売り手の過失は考慮されないため、黙って売りつけるなどの悪質性があろうがなかろうか適用されます。
そのため場合によっては契約がキャンセルされる、買取り額が支払われない、査定額が減額される、賠償金を請求されるというトラブルに発展します。

 

瑕疵担保責任に問われないために重要なのは申告です。

 

事故を起こして修繕したことを伝えておけば売り手に全面的な責任はないため、トラブルに対する対応も大きく変わってくるでしょう。
中古車を購入していれば所有以前の事故申告についてはもちろん分からないので責任が問われることはありません。
ただ、所有以前の修復歴も査定には影響してきます。

 

 

中古車購入時にトラブルにならないためにはどうすればいいのか

 

車購入トラブル

 

普通なら中古車を購入する時には修繕歴の情報も開示する義務が車販売店にはあるので、自分の買った車が修復歴ありかどうかは分かっているはずです。
しかし、中には開示義務を怠る業者も少なくはありません。

 

修復歴ありを修復歴なしとして販売していた場合、それを証明することができるなら抗議しましょう。
返金も可能ですが、簡単には販売店も責任を認めないので場合によっては裁判になるケースもあります。

 

抗議する場合は事実が発覚してから6か月以内の申告が必要であり、5年で時効を迎えてしまうので注意してください。
また、修復歴には残らない程度の事故を起こした自動車のことは広域的に事故車とします。
事故車には開示義務はないため、販売上の事故歴と修復歴の違いも理解しておかなくてはなりません。

 

いずれにしてもトラブルをきちんと回避するためには査定時に瑕疵が見つかった場合の対応についてはっきりさせておくことも必要です。
こうした点は契約書に記載されているはずですが、きちんと読んでから契約する人は少ないでしょう。
そのため、口頭確認をしておくのが手軽で安心です。

 

 

修理歴ありの車を少しでも高額で売るためにはどうすればいいのか

 

車を高く売る

修復歴ありの自動車は修復の状態によって査定額はあまり期待できませんが、複数の買取業者を比較することで高く売ることはできます。
そのため、1社だけの査定をしてもらい、そこで決めてしまうのはおすすめできません。

 

複数の買取業者を比較するのに手軽なのは一括査定を利用することです。
一括査定では、一度の申し込みで複数の買取業者から査定額を出してもらえます。
ただ高値で買い取ってくれる業者を見つけるだけではなく、査定員と会話をしてみることで信用できる買取業者かどうかの判断材料にもできるでしょう。

 

 

車売るならどこがよい?≪TOPページに戻る≫