車売るならどこがよい?外車の査定額は下がりやすいって本当か

車売るならどこがよい?外車の査定額は下がりやすいって本当か

外車

外車売る場合、国産車と比べて新車時点からの査定額が大きく下落しやすい傾向があります。
特に新車購入において、直後に市場では中古車の扱いとなる事から査定額が大きく下がるのですが、この度合が国産と比較しても大きい傾向にあるのです。

 

外車の査定額が下がりやすい理由とは

 

その理由ですが、まず外車のラインナップに求める事が出来ます。
製造・販売する事業者は一般に国外で車両を売る場合、その国の仕様や市場環境に合ったものに販売車種を絞る傾向にあります。

 

日本を相手にする場合、もともと日本には世界的な製造事業者がある事から、よりステータス性のあるハイグレードな車種に絞って販売を行うのが一般的です。
故に比較的で安価なスタンダードな車種では無く、高価格帯で性能やステータスに拘った車種がラインナップされています。

 

このような流れから外車の新車価格は高いものとなりますが、それが中古車として扱われる事になった際に価格の下落率が国産と同程度と仮定すると、一般的なグレードの国産新車が購入可能なレベルに納まってしまいます。
すると中古車でありながら新車との販売競争に陥るので、需要が喚起されなくなってしまいます。
故に更なる価格下降圧力が市場メカニズムから働き、査定額の下落が大きくなる理由になるという訳です。

 

外車のランニングコストが高額なのも下落要因に

 

外車のランニングコスト

 

また外車は一般に、メンテナンスやそれに伴う部品購入の費用が高い傾向にあります。
1車種に対して出回る台数が国産車と比べて少ない傾向があり、修理等に適用可能な部品の在庫の絶対数も少ない傾向にあります。

 

加えて純正品である事が要求される部品については、日本では製造されていません。
輸入で賄う上にオーダーメイド仕様となるようなケースも多く、価格は国産車に使うものと比較して明らかに高くなります。

 

こうした状況から起きるランニングコストの高額化のリスクが、車両の販売価格にも反映されて下落圧力となっています。
当然ながら査定額にも連動して来る為、金額が下落し易くなる理由の1つとなるのです。

 

外車にステータスを求める人が多いのが査定額の下落要因に

 

外車のステータス

 

更に前述のようにステータス性を重視したラインナップとなる事の多い外車では、購入希望者もこれを重視する傾向が強いです。
その為、新車を購入する事に意味を見出しており、中古車は歯牙にも掛けないといったケースも少なくありません。
中古車の需要が以外に薄い事から販売価格が安くなり易くなっており、これも査定額が下落し易い環境と連動してその理由の1つとなります。

 

こうした状況は、外車を中古車で購入しようとする場合には逆手に取って有利に持って行き易いという側面にもなっています。
ですがやはり、売却の場合は価格面で不利になり易い事は否めません。

 

実際に後々にでも売却を考えるケースにおいては査定額が下落し易い状況と理由を知った上で、ステータス性や車種の独自性を少しでも高く評価してくれる、より専門的な買取事業者を選ぶ必要があると言えます。
少しでも高い見積もりを得る上では、重要な工夫となって来ます。

 

 

車売るならどこがよい?≪TOPページに戻る≫