車売るならどこがよい?ディーラーでの車下取りがダメな理由

車売るならどこがよい?ディーラーでの車下取りがダメな理由

ディーラーでの車下取りはダメ

自動車を売却する際は、ディーラーで下取りを依頼するか、もしくは自動車の買取業者に買い取ってもらうかのいずれかの方法となります。

 

まず、ディーラーで下取ってもらうときは、査定から始まります。
決められた項目をチェックしていくのです。

 

車下取りのチェック項目

 

チェック項目

 

主な項目としましては、ボディの状態、エンジン、足回り、フレーム、室内、ランプの点灯、走行距離、年式、オプションの装着具合などです。
それぞれの項目において細かくチェックされます。

 

ボディ(車体)のチェック

 

ボディの状態は、かすり傷やえくぼのような凹みでも減額の対象となります。
それはボディのどの部位でも同様で、フロントバンパーからボンネット、フロントフェンダー、ドア、ルーフ、リアフェンダー、トランク、リアバンパーそしてフロントからドア、リアにかけてのウィンドウもチェックされます。

 

エンジンのチェック

 

そしてエンジンです。高回転域までスムーズに回るかどうかチェックされます。
少しでも回転にムラがありますと、エンジンに何かしらの異常があるものと判断され、減額の対象となります。
また、エンジンに修復歴がないかどうかをチェックされます。
修復歴がありますと、事故歴があるものと見なされ、大幅に減額されることとなります。

 

サスペンションやフレームのチェック

 

事故歴に関連する箇所としてはエンジンだけではありません。足回りも含まれます。
サスペンションやショックアブソーバーの状態、アライメントがずれていないかどうか、ブレーキパッドの摩耗具合などをチェックされます。

 

フレームに関しては、溶接といった修復箇所があれば事故歴があるものと見なされ、大幅に減額される対象となります。

 

車内のチェック

 

車内はシートやダッシュボード、インパネの状態をチェックされます。
シートが擦り切れて破れているような状態ですと、減額の対象となります。
インパネやダッシュボードもあまりに傷だらけの状態ですと、減額される可能性があります。

 

ランプ類のチェック

 

ランプの点灯では、フロントのヘッドライトとウインカー、リアのテールランプ、ブレーキランプの点灯、点滅が正常に作動するかチェックされます。
球切れや配線が断線しているなどで点灯しない場合は、その修理費として減額されます。

 

走行距離やオプション品のチェック

 

走行距離と年式は決められた金額に照合するための参考数値です。
オプションは装備されているアイテムによって査定額が上昇する場合がりますが、大幅な査定額上昇は期待できません。

 

 

車下取りだと高額で売ることはできないんです

 

車下取りだと高額で売ることはできない

 

このように、ディーラーで下取ってもらう際の査定方法は、走行距離、年式によって決められた金額からの減額法なのです。
ですから、その金額以上を期待することはできないのです。
それは、ディーラーのネットワークで相場が決められているからです。

 

最初から、この車種でこの年式、この程度の走行距離ならこの程度で下取ると決めているのです。

 

車買取なら高額で売ることができます

 

車買取なら高額で売ることができる

 

一方、自動車の買取業者に査定を依頼しますと、チェックする項目はディーラーの時と同様にボディやエンジン、足回りやフレーム、室内、年式、走行距離、オプションの装着具合などです。

 

しかし、買取業者の場合は、車種や売却する時期によって大幅に買い取り額が上昇する場合があるのです。
つまり、減額法だけではなく、大幅な増額も期待できるという訳です。

 

それにより、人気の車種であれば、多少自動車が傷んでいる状態でも、高額で買い取ってもらうことも可能です。
事故車両であったとしても、それが人気車種でしかもニーズが集中する時期であれば、高額で買い取ってもらうことができます。

 

オプションの取り扱いもプラスに作用します。
オプションを豊富に装着している自動車ほど、高額で買い取ってもらえる確立が高くなります。つまり、オプションの装着数と買取金額がしっかりと比例するということです。

 

さらに高額で売るには一括査定を利用しよう

 

高額で売るには一括査定を利用

 

さらに高額で売る方法としましては、一括査定を依頼します。
複数の業者が見積り結果を提示してくれます。

 

そうすることで、買取ってもらう際の相場を把握することができますし、また、複数の業者が見積りを行うことで、競合させることができるのです。
競合させることによって、さらに高額な金額で買い取ってもらうことも可能になります。
そして、買い取ってもらう際の相場と最高の金額を把握した上で業者の実店舗に行き、交渉をしますと、より高額な金額で自動車を買い取ってもらうことが可能となります。

 

車売るならディーラー下取りだと安く車買取専門店だと高額で売れる理由とは

 

車買取専門店だと高額で売れる理由

 

このように、ディーラーですとあらかじめ決められた範囲内での金額で下取りをされる可能性があります。
ネットワークも狭いですので、買取った自動車を売却できなかった場合のリスクを減らすため、下取り金額を少なめに提示してくる傾向にあるのです。

 

一方で、買取業者に買い取ってもらいますと、ネットワークが広く、幅広い範囲でニーズを獲得できますので、買い取った後に売却できないといったリスクは少なく、高額で買い取ってもらうことができます。
さらに一括査定を利用することで、業者間で競合させることにより、買い取ってもらう際の相場が把握できると同時に、より高額な買取金額を提示してもらえる可能性が高いですので、自動車を売却する際は業者に買い取ってもらう方が賢明と言えるでしょう。

 

 

車売るならどこがよい?≪TOPページに戻る≫