車売るならどこがよい?車売る時の税金等の還付金について

車売るならどこがよい?車売る時の税金等の還付金について

車は今や生活の上で欠かせないものとなっています。
しかしながらとても高い買い物であると同時に、様々な税金がかけられているうえに、維持費がかなりかかります。

 

自動車税は月割りで還付されます

 

自動車税は月割りで還付

 

そんな中、車売却時に自動車税が還付されるという話があります。
結論から言ってしまえばこれは本当のことです。

 

車を売却した時には自動車税の還付は月割で行われます。
しかし、ほとんどの場合は売却額に上乗せされる形で支払われるため、還付が行われているのか見た目にはわかりにくくなっている状況にあります。

 

ただし、軽自動車の場合はもともと還付金が支払われないシステムとなっているため、注意が必要です。

 

また税金の種類によっては還付がないものもありますので、すべての自動車税において還付されるわけではないことを承知しておく必要があります。
売却時には店員にどのようになっているのかしっかりと確認をすることが大切です。

 

また、廃車にする場合でも還付金は発生します。
しかし売却時とはプロセスが変わるため、どのようにして支払われるのか、しっかりと確認する必要があります。廃車にする場合はちゃんと申請する必要があるので、忘れずに手続きを行いましょう。
自動車税の仕組みは複雑ですが、しっかりと把握しておく必要があります。

 

 

自動車税還付の注意点

 

自動車税還付の注意点

 

自動車税還付金の注意すべきポイントは、「条件を満たさないと成立しない」ことです。
車売却だけでは還付はされないです。

 

また、必要な条件や気をつけたい点がありますから、予め手続きに関して知っておく事です。
自動車税を納付していないと車は売れない為、完納させておくべきです。
還付を受けるには「自動車納税証明書」が必須で、それがなければ問題が発生してしまいます。
仮に紛失してしまった場合には、税務署で再発行が可能です。

 

廃車をしなければ還付金はもらえません。
単純に車売却だけでは税務署は認める事が出来ないですから、そこも注意が必要となります。

 

また、実際に廃車にするよりも車を売ってしまった方が得する、損失が防げる印象はありますが、車買取り店で廃車依頼をすると、買取り金額を上乗せしてくれる可能性が強みです。
この場合、現在所有している自家用車が高値で売れない、デメリットが多いと判断した時に役立つ手段です。

 

廃車して買取り金と還付金を受け取った方が負担が減る事があります。
状況に応じてやり方を変えられますから、知っておくべきです。

 

余談ですが、自動車税を滞納した状態で、所有している車を売った場合は問題が生じます。
税務署から罰として支払われるべき金額から滞納額を差し引かれてしまいます。

 

 

車売る時に自動車税以外は還付されるのか

 

自動車税以外は還付されるのか

 

車売るとき、自動車税は月割り計算をして100円未満の端数を切り捨てして還付してもらうことができます。
そしてそれ以外にも車を購入するときに支払っている自動車取得税や自動車重量税があります。

 

自動車取得税においては、50万円をこえる自動車を買った場合に課税される税金ですが、自動車を取得したことに対して支払う税金です。
よって、自動車取得税は車売るときや廃車にしても還付されることはありません。

 

そして自動車重量税は、購入した自動車の重量に応じて課税される税金ですが、車を新規で登録したり車検をするときに、車検期間分を一括でまとめて事前に支払っています。
そのため一時抹消登録をしたり、永久抹消登録をするときには、先に払っていた分を車検の残存期間に応じて還付してもらえることが法律で定められています。
車検が1か月以上、残っている場合は重量税を還付してもらうことができますから、車を廃車にするときは手続きすることが大事です。

 

ただ、車売却をするときは、自動車重量税の還付はありません。
車売る場合は、車検期間をそのまま売却先が受け継ぐので、自動車重量税の支払い期間も受け継ぐことになります。
そのため還付手続きをすることはできませんが、車売るときは車検残存期間があることで買取り額が少しプラスになることがあります。

 

 

車売る時の自賠責保険の還付

 

自賠責保険の還付

 

車売却の際に気になるのは様々な還付金です。
車には重量税や自動車税などの税金の他にも自賠責保険が付いています。

 

自賠責保険は車検の際に手続きをすることで、次の車検までの保険をかけるので大抵は一年、二年、三年の契約になっています。
そしてその料金は車検費用に含まれています。しかし、車売却をするとなるとその自賠責保険料はどうなるのでしょうか。

 

例えば車検が8ヶ月後までの場合、自賠責は約9ヶ月後まで残っています。
これを今売却するとなると未使用の8ヶ月分は還付されるのでしょうか。

 

実際は自賠責保険料は税金ではないので還付はありません。
そして買取金には未経過の自動車税や自賠責保険料も含まれています。
そのため、大抵は車売却をしても得られるのは買取金額のみです。

 

買取店によっては売却した車の車検が切れた場合に還付金が発生し、それが納税者に還付される場合もありますが、その還付金を含めて買取をしてもらっている場合は還付金はありません。
このように車売却をすると自賠責保険は残りの分も含めて買取となっているので、戻ってきません。
そして、自動車税や重量税についても、買取店により若干異なりますが、大抵は含めての買取金額となっているので戻ってくることはないと考えていた方がいいです。

 

 

車売る際にはリサイクル料金は還付されるのでしょうか?

 

車売る際のリサイクル料金還付

 

車を購入した際、購入者はリサイクル料金を支払い、廃車の手続きを完了させるまで管理を請け負っている法人が預かるという仕組みです。
リサイクル料金の内訳はメーカーや車両の種類、エアバッグといった装備に左右されるのですが、国産の普通車なら2万円を超えることはありません。

 

ただし、廃車にせずに車売却という選択肢を選択するのなら次にオーナーになる方からリサイクル料金を得ることが可能です。
こうした仕組みになっているのは、入手する際にはリサイクル料金を払うものの、最終的に支払いを実行するのは処分することになった時の持ち主であるためです。

 

このような様子からわかるように車売却すると、既に出費したリサイクル料金が還付されるというわけです。
しかし、注意しなければならないのは査定額の中にリサイクル料金が含まれてしまう事例が大変多いということであり、中には含めない上に還付しないという業者もあります。

 

一切話を持ちかけなかったり指摘しない場合は還付されないので、車売却におけるお話の中で何も説明が受けられない時はしっかりと確かめることが大切です。
そして、還付にはどのような形態でも必ずリサイクル券を用意する必要があるので事前に準備しておきましょう。

 

 

車売る際に還付される税金等のまとめ

 

還付される税金等のまとめ

 

新しく車を購入する場合、これまで使っていた車を売却する人が多いです。
車売ると、税金として支払っていたお金が戻ってくることがあります。

 

よく話題になるのは、自動車税、自動車取得税、自動車重量税、自賠責保険料、リサイクル料金です。

 

自動車税の支払いは、1年分をまとめて支払うので、車を売却したり廃車にした場合、支払っていた税金分が返ってくることがあります。
売却の際に、自動車税の残り期間に合わせて、買取金額を上乗せしてくれる業者があるからです。自動車税については、事前に買取店に確認した方が安心です。

 

自賠責保険は税金ではありませんが、自動車の所有者に加入が義務付けられているので、税金と同じように考えられています。
車売ることによって自賠責保険を解約しないと還付金は戻ってきません。

 

しかし、売却時に買取業者が自賠責保険の残り期間をチェックして、買取額を上げてくれることはあります。
その場合、実質的には還付を受けるのと同じような状態になります。

 

税金として支払ったお金については、すっかり忘れてしまっている人もいるのですが、お金が戻ってくればそれだけ助かります。
ですから、車を売却するときは、手続きを忘れないようにすることが大事です。

 

 

車売るならどこがよい?≪TOPページに戻る≫