車売るならどこがよい?車売る際の車検に関する疑問

車売るならどこがよい?車売る際の車検に関する疑問

車検を通さず車買い替えした場合のメリット

 

車買い替えした場合のメリット

 

車を買い替えるとなると、それまで使用していた車が不要になります。
不要になった車は「売却」をして現金に換算するか、「下取り」をして購入代金を割り引きしてもらうかといった違いがあります。

 

また、車売却、車下取りのいずれも「状態が良いほど評価が高くなる」という特徴があるので、少しでも「良い状態」で査定に出すことがポイントです。

 

「良い状態」とは、見た目の状態が良いこと、エンジンの状態が良いこと、市場の人気が高いことなどのほかに「車検が残っていること」も関係します。
車検切れの車よりも期間が丸々残っている状態の車のほうが価格は高くなります。
つまり、少しでも高く売りたいのであれば「少しでも車検が長く残っている間に査定を受ける」ことが大切になってきます。

 

車検が残っている状態だと、残っていない状態と比べて買取価格が高くなりやすいメリットがあります。
ただし、車買い替えをするからといって車検をとり直すほどの意味はありません。
というのも、車検が残っていることでプラスされる価格は、精々1〜2万円ていどです。
状況によってはもう少し上乗せされる可能性もありますが、少なくとも新規車検取得費用を上回る上乗せになることはありません。

 

 

車検を通さず車買い替えした場合のデメリット

 

車買い替えした場合のデメリット

 

車検が迫ってきた時に車買い替えをするという人は多いものですが、デメリットとしては今の車を乗り続けるよりも高くついてしまうという問題があります。
車を購入するには大きなお金が必要となるだけに、車売却をしてその代金を購入費用に充当するにしても、今ある車をそのまま乗り続けたほうが金銭的にはお得です。

 

年数や距離が多い車というのは、修理にかかる費用も高くなってくるのでそれだったらいっそのこと買い替えようと考えるものですが、費用のことだけを考えた場合修理費用がかさむようになったとしても、乗り続けたほうが得です。

 

そのため、できるだけお金をかけたくないということを第一に考えるのであれば、車検を通さずに車買い替えをするというのはデメリットの方が大きくなってしまうということを覚えておくようにしましょう。
もちろん、修理にかかる費用だけでなく信頼性ということを加味して新しい車に替えるというのは考え方として間違っていませんから、全てを考慮して買い替えるのは悪いわけではありませんが、お金のことだけを考えて買い替えるのであれば損なことが多いのでよく考える必要があります。

 

逆に車検を通さずに車買い替えをするデメリットは金銭的な問題が一番大きいので、それさえ無視することができればほとんどデメリットはないといえます。

 

 

車検を通して乗り続けた場合のメリット・デメリット

 

車検を通す

 

車検を通して乗り続ける場合、その自動車が何年式で走行距離がどれくらいなのかによっても条件は違ってきます。
近年の自動車はとても性能が良くなっているので、オイル交換などのメンテナンスをきちんとしていれば大きな故障もなく長く乗り続けることができます。

 

車検を通して乗り続けるメリットは、やはり自動車を買い替える時に購入するための大きなお金が必要ないということです。
新車では数百万円かかりますし、中古でも程度の良いものを選ぼうと思えば車検代よりも確実に購入金額は高くなります。
ですから車検を通して乗り続ければ、大きな出費を抑えることができるメリットがあるわけです。

 

一方で近年の自動車は最新のモデルになればなるほど燃費性能や安全性能がアップしています。
特に燃費性能はガソリンが高騰している近年で考えると自動車をよくのる人ほど古い自動車と最新の自動車では燃費性能によってガソリン代が大きく変わってくることが考えられます。

 

またある一定の年数が過ぎている車種については自動車税が高くなるというデメリットもあります。
車検を通して乗り続ける場合はガソリン代や自動車税といった維持費についても買い替えた場合と比較してみる必要があります。

 

 

車検を通して乗り続けることのメリット

 

車検を通して乗り続けることのメリット

 

週末に買い物に行くくらいだったり、たまにしか自動車を利用していなくて走行距離があまりいっていない場合は、買い替えるのではなくて車検を通して乗り続けたほうがお得だといえます。

 

自動車はオイル交換などのメンテナンスをきちんとしていれば、大きな故障もなく乗り続けることができます。
タイヤやブレーキといった消耗品を交換する必要はあるかもしれませんが、あまり頻繁に自動車を乗らない場合には、高いお金をかけて自動車を買い替えるよりもメンテナンスをして車検を通して乗り続けたほうが、購入費用と維持費を比較した場合、お得だといえます。

 

走行距離にもよりますが、年間を通してそれほどの距離を走らないのであれば自動車保険料を安くすることもできますし、多少最新の自動車と比べて燃費が悪かったとしてもガソリン代などの維持費もかかりません。

 

新車を購入する場合は、どんなに安いものを選んだとしても100万円以上かかることがほとんどです。
その高額の出費を考えるのであれば、それほど頻繁に自動車にのらないのであれば多少燃費が悪かったとしても車検を通して乗り続けたほうがお得といえます。

 

年に数千キロくらいしか乗らない人は車検を通してしまった方が節約できるといえます。

 

 

車検前に車買い替えをしたほうがいい人

 

車検前に車買い替えを

 

車は定期的に車検を受けなければいけませんが、この検査を受ける前に車を売りたい時があります。
車検の前に車を売ると業者が嫌がって、買取価格が安くなるのではと心配する人もいます。

 

しかし車に詳しい人に聞けば車検前の車買い替えを、勧められるためどちらが正しいのか分かりづらいです。
なぜ検査を受けずに売った方が良いのかというと、実はそうした方がメリットがあるからです。

 

車の検査をする時は大きな費用がかかりますが、それは業者に仕事を頼むから高くなります。
それに対して車買取をしている業者は、自社で整備ができるため安く車検を通せます。

 

普通の人が車検を通すためには、業者の側に色々な費用を支払わなければいけません。
それに対して車を売った後で業者が行う検査は、自社内で行うので安い料金でできます。

 

なぜ車検前に車の買い替えが勧められるのかというと、それはトータルで見ると利益を得られるからです。
確かに検査を受けてから車を売れば、ある程度は買取金額は高くなります。

 

しかし検査にかかる費用が大きくなるので、そのまま売ったときよりも損をすることが多いです。
車に詳しい方が車検前の車買い替えを勧めるのは、そうやって売ったほうが大きな利益になるからです。

 

 

車売るならどこがよい?≪TOPページに戻る≫