車売るならどこがよい?中古車査定額は季節によって違うんです

車売るならどこがよい?中古車査定額は季節によって違うんです

中古車査定額は季節によって違う

実は、中古車査定相場は季節によっても変化していきます。
車の買取査定価格はどのように決まるか知っていますか。

 

多くの買い取り専門を謳う会社のビジネスモデルですが、お客様から車を買い取ってオークションで売る、その差額を利益としています。
オークションを通さないでユーザーへ直売することもあります。

 

日本全国でほぼ毎日中古車のオークションが行われており、その膨大な取引データから中古車相場は形成されています。
そこで影響するのは車の状態・グレード・装備がメインですが、季節要因も実は非常に大きなファクターとなっています。

 

どうして季節によって車売る額が変動するのか

 

どうして季節によって車売る額が変動

 

それはなぜでしょうか?考えてみてください。

 

夏場にアウトレットショップに行くと、冬物が半額以下で売られていたりしますよね?
「冬物衣料の相場は秋冬がピークで夏場には下がる」という事です。

 

そしてそれは中古車も同じで、例えばキャンピングカーだと需要が最も高まる夏に査定してもらうのが、一番高額で売れる可能性が高いわけです。
オープンカーなどもやはり春〜夏にかけてもっとも需要が高まるので、その時期がねらい目です。

 

反対に、多くの4輪駆動車は秋〜冬が最も需要の高まる季節だと言えます。
雪の多い地方都市では4輪駆動車が慢性的に不足しており、またこれらの地域においては車は趣味ではなく生活に欠かせないものなので、その需要は非常に根強く、この時期だと大都市ではほとんど見ないような車でも、査定してもらうと驚くほど高く売れることがあります。

 

企業の決算期も高額で車売るチャンスです

 

企業の決算期

 

また、そのほかにも季節で言うと3月・9月は多くの企業の決算期であり、一台でも多く車を売ろうと必死になる時期でもあります。
なので少々無理をしてでも買い取ろうという心理が発生するので、ユーザー目線ではチャンスだと言えます。

 

ただし気を付けなければならないのは、3月・9月の少し前〜初め頃までに必ず査定してもらってください。
なぜかというと、3月・9月の決算期は車が一番市場に出回る時期でもあり、タイミングを少しでも遅れると供給過多の、市場が飽和した状態となってしまうからです。
この場合しばしば中古車価格が急落しますので、うまく流れに乗って少しでも高く売ってください。

 

車を買うなら決算期後がお得に

 

車を買うなら決算期後がお得

 

ちなみに逆の観点から見ると、車を買おうと考えている方にとっては3月末・9月末〜4月・10月の頭にかけては最も安く中古車を買える可能性の高い時期だと言えます。
3月・9月末はとにかく売り上げのために利益を度外視した特売が組まれることも多く、また4月・10月には売れ残った車の処分が行われることが多いです。
これは家電量販店などでも事情が似通っていると思います。

 

少し関係ないかもしれませんが、その他の高く売るアドバイスとして、できれば査定してもらう前にしっかり洗車・室内掃除をすることを挙げておきます。
どれだけ傷のない綺麗な車でも、埃をかぶっていたらその魅力は半減しますし、お店側からしてもそれを洗ってまで確認することはしません。
それで「もしかしたら埃の下には傷があるかもしれない…」という判断をすることが多いのです。

 

ただし、いくら綺麗な状態が良いからと言って、傷を修理したりする必要はありません。
もちろん綺麗になる事で価値は上がりますが、ほぼすべてのケースにおいてそれにかけた費用をペイすることはありません。

 

この応用として、傷の多い車はわざと埃まみれにしてお店へもっていく、なんてことを考える方もいるかもしれませんが、やめておいた方が良いです。
お店の方はプロなので、少しでも車に怪しい部分を見つけたらしっかりとマイナス評価をされます。

 

いかがでしたか?ただ車を売ると言っても、そこには相場があり、大きな市場とそこに参加する多くのプレイヤー(業者も、もちろん売ろうとしているあなたも)が存在しています。
売るタイミングや季節のことも考慮して、少しでも高い金額で売れることをお祈りしています。

 

 

車売るならどこがよい?≪TOPページに戻る≫