車売るならどこがよい?車を買い替えるタイミングが一番いいのは

車売るならどこがよい?車を買い替えるタイミングが一番いいのは

車を買い替えるタイミング

車買い替えを行うときのタイミングとして、乗っている車に飽きてしまったという人もいますし、乗っていた車で事故を起こしてしまい何となく縁起が悪いので買い替えたいという人もいます。
しかし一般的にお得に買い替えることができる時期として、いくつか目安になるものがあります。

 

走行距離が10万キロ超で車買い替え

 

走行距離が10万キロ超

 

まずは走行距離が10万キロをこえた時点から、そろそろ車買い替えを考える時期に入っているということは以前から定説になっています。

 

その理由として、10万キロを走ることによって様々な部品が摩耗するなどするため、安全に走り続けるために劣化した部品を取り替える時期に重なるからです。
修理や部品交換をするだけでもお金がかかってしまいますし、万が一にも走っている途中に故障するのは危険ですから、安全のことを考えて買い替えの時期にあたるといえます。
また古い車になると部品が廃盤になってしまうことから、仕方なく買い替えることになる場合もあります。

 

頻繁な故障で車買い替え

 

車の頻繁な故障

 

同じように、10万キロに走行距離が達していなくても、頻繁に故障をするようになったら車を買い替えると良いでしょう。
修理費用が高額になってしまい、今の車の価値を上回ってしまうようであれば車買い替えの時期だと言えます。

 

車検や税金の時期に車買い替え

 

車検や税金の時期

 

そしてもうひとつは、税金の支払う時期や車検時期より前に車買い替えるという方法です。

 

車を所有していると、毎年自動車税を支払うことが法律で定められています。
自動車税は毎年5月頃に支払うことになっていますが、その納付書は4月1日の時点で自動車を保有している人に支払う義務が生じることになっています。
そのため、車買い替えをするときは、4月1日よりも前に名義変更して売却しておく必要があります。

 

そして車検も定期的に行わなければならず、それが思いのほか支払額が大きいため負担に感じる人が少なくありません。
特に車の利用年数が長くなると、交換しなければならない部品が多くなるため、車検費用が高くなってしまうことがありますから、車検前に買い替えるというのも1つの手段です。

 

車売るならできるだけ高額で売れる時期を狙おう

 

車売るならできるだけ高額で

 

ただ、車買い替えをするときに、車を廃車にするのではなく、中古車販売会社に売却するときは、できるだけ高く買取り査定額をつけてもらえる時期に車売るようにすると良いでしょう。
車売るときに、車検の年数が長く残っていると、それが査定額にプラスになる傾向が確かにありますが、そのプラスになる額よりも車検費用の方が高いということが少なくありません。

 

そのため、車売ることを決めている場合は、車検を通す前に売却したほうがお得なことが多いでしょう。
車買い替えをする人の多くは、税金を支払う前や車検を通す前に売ることを考えることが多いので、税金の支払う時期よりも少し前の3月くらいは、実は車売りたいと考える人が増える傾向にあります。

 

そのため、その時期に車売るとすると、それ以外の時期よりも査定額が低くなってしまうことがあります。
そのため、車買い替えのための車を売却することを考えているのであれば、税金の支払う時期を外して、さらに車検をしなければならない時期より前に売却すると、高く査定額をつけてもらえる可能性があります。

 

 

車売るならどこがよい?≪TOPページに戻る≫